端巌寺の磨崖石仏のフジ
場所 玖珠郡九重町 大字松木 
種類 フジ
樹齢
大きさ 高さ;  m  目通;   m 根元;   m
人工的ながら、立派なフジを発見。
寄り道してみた。
端巌寺の磨崖石仏という、大分県の指定史跡となっていた。
岩に直接石仏を彫っているようだ。
向かって左手に紫色のフジ、右手に白いフジがある。

根元はさほど大きくないが、藤棚がシッカリしており、
よこへの広がりが大きい。
(2011.05.04撮影)


inserted by FC2 system